はてなブログからWordPressに移転しました

ブームから定番になったカップ麺、花雕雞麵と花雕酸菜牛肉麵を食べてみた

だーげーほーです。

2〜3年くらい前に、台湾の花雕雞麵というインスタントラーメンが一大ブームになり、Twitterなどでも話題になっていました。

臺灣菸酒(台酒:日本でいう昔の専売公社のようなメーカー)から出ていて、料理酒が入っているとのことで、当時授乳中だった私は食べる機会がありませんでした。

今でもスーパーやホームセンターで常に目立つ所にあるので、ブームが過ぎても人気の定番商品になったようです。授乳もとっくに終わり、ふと気になったので食べてみることにしました。

まずは代表的な花雕雞麵を食べてみた

花雕雞麵

花雕シリーズは「花雕」というお酒を使った泡麵(即席麺)で、有名な「花雕雞麵」以外にもいくつかの種類があり、さらに袋入りやカップ麺のバリエーションがあります。

今回は代表作とも言える「花雕雞麵」のカップ麺を食べてみます。スーパーではだいたい1個43元前後で売られています。

 

花雕雞麵の中身

パッケージを開けると、麺・調理包(具のレトルトパウチ)・佐料包(調味油)・調味粉包(粉末スープ)・花雕料理酒の袋が入っています。

料理酒はスープとは別の袋で最後に加えるものなので、アルコールNGの人は入れなくてもOKです。

 

花雕雞麵の具材パウチ

作り方は日本のカップラーメンと同じで、カップの中の麺の上に粉末スープをかけて、沸騰したお湯を線まで入れて蓋をして3分たったら出来上がり。

調理包のパッケージには「蓋の上で温めて食べるとおいしい」と書いてあるのでその通りに従います。花雕料理酒も食べる直前に入れます。

台湾のカップラーメンは粉末スープと調味油や液体スープを同時に入れるタイプのが多いのですが、日本のは調味油や液体スープは蓋の上で温めるものが多いので、私は日本式に佐料包も調理包と一緒に蓋の上で温めます。すなわち、粉末スープ以外は全て後乗せ方式です。

なおこの粉末スープ、漢方薬の匂いがすごいです。

 

花雕雞麵

3分後。はい出来上がり〜。

レトルトパウチとは思えないクオリティーの鶏肉がゴロゴロ入っていて存在感があります。麺もコシがあっておいしい。

そして台湾料理でおなじみのクコの実も入っていて、実に複雑で深い味のスープ。そして花雕料理酒がまたいい味を出している。

この手の漢方風味のスープ&料理酒は好みがあると思いますが、私は台湾で慣れ親しんでいるため、インスタントでこの味が再現できるとは!とちょっとテンションが上がりました。

普段はーメンのスープは残すのですが、美味しくて最後まで飲み干してしまったほどです。

花雕酸菜牛肉麵も食べてみた

花雕酸菜牛肉麵

続けて今度は「花雕酸菜牛肉麵」のカップ麺を食べてみます。酸菜は日本でいう高菜みたいなもの。牛肉麺は台湾の有名な料理ですね。

 

花雕酸菜牛肉麵の生産者情報

作り方は花雕雞麵と同じ。

おや、パッケージをよく見ると、私の大好きな維力炸醬麵(これも即席麺)で有名な維力食品工業が委託製造しているではないですか。あーこれは間違いないわ〜、とここでもテンションが上がります。

 

花雕酸菜牛肉麵

というわけでできあがり。こちらもパウチのお肉がゴロゴロ入っています。

台湾のローカルフードは安いですが、それでも50元以下でこんなに牛肉が入っている麺はお店では食べられません。牛肉麺は安いお店でもだいたい100元くらいはします。

さすがにお店で食べるものとは全く別物ですが、これはこれでカップラーメンとしてはかなりレベルが高いです。

 

花雕酸菜牛肉麵

花雕雞麵に比べるとスープは辛め。なので辛いものが苦手な私としては花雕雞麵の方が好みかなーという感じでした。

それでもどちらもカップラーメンとしてはかなりクオリティーが高く、日本円に換算すると160円くらいでこれだけ具が入った麺をすぐに食べられるのはかなりイイ!と思います。やっぱり定番人気になるだけあって美味しいです。

台湾で見かけたらぜひ食べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA