【日本未発売】Julie’sサンドイッチビスケット(ピーナツバター・レモンクリーム・チェダーチーズ)

だーげーほーです。

以前、台湾最大のスーパーマーケットチェーン全聯福利中心で買える輸入食品について書きましたが、最近またお気に入りが増えました。マレーシアのJulie’sというメーカーのサンドイッチビスケットです。これ、本当においしくておすすめです。

全聯で買えるJulie’sのサンドイッチビスケット

ジュリーズ ピーナッツバターサンド

ジュリーズ ピーナッツバターサンドは台湾では【茱蒂絲】花生醬三明治餅乾という名前で売られています。全聯で売られているのは180g・12パック入りです。

外国のお菓子というと個包装になっていないものも多いですが、これは横並びで2枚のピーナツバター入りビスケットが入っていて、それが12個入っています。

ビスケットというより旧ヤマザキナビスコのリッツに似た感じの、軽い塩味のクラッカーで甘さ控えめのピーナツバターを挟んでいます。

朝食代わりにつまめるくらいの食べ応えはありますが、食感が軽くて良いのです。ピーナツバター好きなのでどっしり重いのも好きですが、これは万人受けすると思います。日本のネット通販では見つけられませんでした。

ジュリーズ ル・モンドチェダーチーズクリームサンド

ジュリーズ ル・モンドチェダーチーズクリームサンドは台湾では【茱蒂絲】雷蒙德乳酪夾心餅という名称です。180g・10パック入り。

なぜか原材料表示が二枚貼られていました。様々な国の言語で表示が書かれています。輸出されているだけあって、ジュリーズのビスケットはラクト・ベジタリアン、ハラール認証、HACCP対応です。

こちらは旧ナビスコプレミアムに似ていますが、味はリッツに近い感じのサクサクとしたクラッカーで、これもまた程よく軽めのチェダーチーズクリームを挟んでいます。

チーズクリームって好みが分かれるよねえ、と思いながら買ってみたのですが、これもまたクセのない万人受けしそうなお味でした。

ジュリーズ ル・モンドレモンクリームサンド

ジュリーズ ル・モンドレモンクリームサンドは台湾では【茱蒂絲】雷蒙德檸檬味夾心餅という名称で売られています。170g・10パック入りです。

ビスケットでレモンクリームを挟んだものならまず間違いないでしょう、と思って買ったのですが、これも大当たり。ほどよいレモンの酸味と爽やかなクリーム、サクサクで軽い塩味の効いたビスケットの調和が取れています。

価格は私が買った時はひとつ50〜60元前後でした。

台湾のクラッカーは美味しいのですが、一回開けると湿度が高いので冷蔵庫保存が必要なのがちょっと面倒なのです。その点ジュリーズのビスケットはいずれも個包装なので、一度にたくさんの量を食べない我が家では重宝しています。

番外編・全聯で売っていないJulie’sのサンドイッチビスケット

別のスーパーで、全聯にはなかったジュリーズのビスケットが売っていたので買ってみました。

ジュリーズ メロディーアソートビスケット

ジュリーズ メロディーアソートビスケット【茱蒂絲】美旋律什錦餅という、210g入り7パック入りの4種類セットでした。

ピーナッツバターサンド以外は全聯では売っていないフレーバーのものでした。

上からチョコ・モアサンドチーズサンドル・モンド マンゴークリームサンドです。上2つは一パック4枚入り、下のマンゴークリームサンドは他のル・モンドシリーズ同様一パック2枚入りです。

味の感想ですが、不味くはないのですがありきたりな味という印象。

チョコレートサンドはチョコレートビスケット&チョコレートクリームで味が濃すぎ。チーズサンドはル・モンドチェダーに比べると私の苦手なタイプのよくあるチーズクリーム(伝わらなくてすみません)。マンゴークリームは香料がちょっときついかなあと感じました。

 

アソートものは色々な味が楽しめてよいのですが、これよりは全聯で売っていた3種類の方がハズレがなくていいかな、と感じました。全聯は台湾最大のスーパーマーケットチェーンだけあって売れ筋を押さえていますね

 

台湾のお菓子に関する記事、続々追加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA