MENU

【台北】台北駅に一番近い5つ星ホテル☆パレ・デ・シン

私が実際に泊まったホテルの感想と旅行記を書いています。

【2020年10月宿泊・夫婦+4歳】

台北駅の隣にある5つ星ホテル「パレ・デ・シン(台北君品酒店/Palais de Chine Hotel)」です。

普段は5つ星ホテルに泊まる予算はない我が家ですが、コロナ禍で台北のホテル価格が下がった時期に、たまたま近くで用事があったため2泊3日で泊まってみました。

子連れおすすめポイント(ロケーション・設備)

私が「子供と一緒に泊まるホテル」で重視している点を◎◯△で評価しています。

ロケーション
  • MRT・台鐡台北駅徒歩2分 ◎
  • スーパー徒歩1分以内 ◯
  • コンビニ徒歩1分以内 ◎

コメント

台北駅の隣、京站時尚広場(Qスクエア)という、デパート・映画館・バスセンターなどの複合施設の上層階に位置しています

参照:台湾子連れホテルの探し方 1(場所選び編)

設備

「デラックスキングルーム(37平米)に宿泊しました。

  • キングサイズベッド(193*200cm) ◎
  • オットマン付きソファあり ◎
  • バスタブあり・ベビーバス不明 ◯
  • 窓あり ◎
  • 防音あり ◎
  • 電気ケトルあり ◎

コメント

4歳の子供が添い寝する場合は無料で宿泊できました。正確な人数、年齢は予約サイトでご確認ください。

参照:台湾子連れホテルの探し方 3(室内設備編)

ホテルへのアクセス

住所:台北市大同區承德路一段3號

台北駅から行く場合は、地上または地下道を使って京站時尚広場(Qスクエア)へアクセスします。

間に市民大道という大きな道路があり、地上からだと台北駅の北西方面にあるエレベーターのない歩道橋を歩くことになるので、ベビーカーや大きな荷物がある場合は地下道から京站時尚広場へ入ることをおすすめします。

ホテルの周辺施設

商業施設は下のフロアにある京站時尚広場、台北駅と付近の地下街など多数あります。

ホテルの回転ドア。左側は京站時尚広場の入り口

ホテルの回転ドア。左側は京站時尚広場の入り口

交通機関は言わずもがな。台北駅は台鐵・高鐵(台湾新幹線)・台北MRT・桃園メトロなどの各種鉄道、さらに路線バスのほかに長距離バスのターミナルもあり、台湾の中で最も便利な場所のひとつです。

私はこの日は初日に基隆に用事があったので、先にホテルに荷物を預けてバスで往復しました。

基隆の日暮れの光景

基隆の日暮れの光景

帰りのバスは渋滞でかなり遅れたので、次回また基隆に行く時は、帰りは台鐵にしようと思います。

食事

ホテル内

宿泊プランに朝食が含まれていたので、二日間ともホテル内でいただきました。

シャンデリアとラウンジソファ

シャンデリアとラウンジソファ

ヨーロピアンなインテリアで統一されているため、朝からシャンデリアがついています。

鏡張りの天井に照明が映える

鏡張りの天井に照明が映える

朝なのに夜の雰囲気!

アンティークの木馬

アンティークの木馬。馬モチーフがここにも

パレ・デ・シンは朝食の内容が平日と休日で異なります。

セットメニューの説明

セットメニューの説明

月曜日から金曜日はセットメニューの中から選びます。私たちは木曜の夜から土曜日にかけて泊まったので、1回目はセットメニュー、2回目はビュッフェでした。

セットメニューのサラダ

セットメニューのサラダ

中式套餐(中華セット)

中式套餐(中華セット)

こちらは中華セット。お粥と点心のセットです。

西式套餐(洋食セット)

西式套餐(洋食セット)

こちらは洋食セット。目玉焼きとベーコン・ソーセージなどの盛り合わせです。

サラダバー

サラダバー

セットメニューもおいしかったですが、やはり休日のビュッフェの方がテンションが上がります。

フルーツとジュースのコーナー

フルーツとジュースのコーナー

パンのコーナー

パンのコーナー

パンのコーナーはこんなに種類がありました。ちょっとしたベーカリー並みですね。

おかずのコーナー

おかずのコーナー

おかずも和洋中とかなり種類が豊富です。

冷菜と牛肉湯用の肉

冷菜と牛肉湯用の肉

台湾ではなかなかお目にかかれない(そして高い)日本産の納豆がありました。左は牛肉湯です。本来は台南の名物料理なので、台北のホテルの朝食で見かけるのは珍しいような。

子供用の食器

子供用の食器

だーげーほー

子供用の食器も用意していただけましたよ!

ホテル周辺の飲食店

太興(2022年閉店済み)の香港ミルクティー

太興(2022年閉店済み)の香港ミルクティー

宿泊中、日中は一人で子供の面倒を見ていたので、できるだけ歩きたくなくて、食事はすべてホテル周辺で済ませました。

太興の香港メロンパン

太興の香港メロンパン

台北駅の中に香港料理レストランが二つ入っていたので、どちらも食べに行きました。

香港料理

もう一軒の香港料理レストラン(名前は失念)

家族全員香港料理が好きで、冰火菠蘿(バターを挟んだ香港メロンパン)も毎回食べて大満足。

松屋の牛丼

松屋の牛丼

めったに食べられない日本の味を懐かしんで、松屋の牛丼。

京站時尚広場の地下飲食街にあったレンゲのシャンデリア

京站時尚広場の地下飲食街にあったレンゲのシャンデリア

小確幸三明治合作社のミルクティー

小確幸三明治合作社(閉店済み)のミルクティー

京站時尚広場の地下3階は、フードコートとお土産屋さんがたくさんあります。台湾の有名店が多いです。

ホテルと同じ建物の中で食事も買い物も一度に済ませられるので、とても便利です。

上信饌玉のショッパー

上信饌玉のショッパー

上信饌玉のトフィー(外箱)

トフィー(外箱)

上信饌玉のトフィー(個包装)

トフィー(個包装)

私のお気に入り、上信饌玉のトフィーもここで買えます。

ホテル内設備と客室 

パレ・デ・シンの1階エントランス

パレ・デ・シンの1階エントランス

ホテルは1階がエントランスになっていて、チェックイン前でもカウンターで荷物を預けられます。

等身大の馬の置物

等身大の馬の置物

アイコニックな、等身大のアンティークの馬。館内のいたる所に、絵になる装飾品が置かれています。

公共エリア

華やかなフラワーアレンジメント

華やかなフラワーアレンジメント

レセプションは6階にあり、チェックインはこちらで行います。

レセプションもアンティーク調の家具で統一

レセプションもアンティーク調の家具で統一

大きな生花、おしゃれなソファー。広々としていてくつろげます。

休憩スペース

休憩スペース

ちょっと区切られた休憩スペースもあり。

温かみを演出する本物の炎

温かみを演出する本物の炎

レストラン雲軒(ラ・ロティスリー)の前にある本物の火。

大きな女性の彫像

大きな女性の彫像

館内のあちこちに彫像や美術品が置いてあります。

6階の屋外スペース

6階の屋外スペース

ちなみにこのフロアは屋外の喫煙スペースがあります(台湾のホテルはすべて室内禁煙です)。

台北駅の大きな屋根

台北駅の大きな屋根

隣接する台北駅の屋根。この距離で見られるのちょっと面白い。

マンションエリアの中庭

マンションエリアの中庭

以前泊まった分譲マンション内のサービスアパートメント(コロナ禍で無くなったかも?)の中庭と隣接していました。スーペリアルームの窓から見えるのはこの風景です。

子連れ向けの設備

公共トイレ内のオムツ替え台

公共トイレ内のオムツ替え台

ロビー近くのトイレの中にはオムツ替え台がありました。

子供用のプレイルームの案内

子供用のプレイルームの案内

子供用プレイルームの設備

子供用プレイルームの設備

また、私が泊まった時は、客室を2つ使って子供のためのプレイルームとして開放していました。

子供用テント、ミニカー用カーペット

子供用テント、ミニカー用カーペット

絵本やぬいぐるみ、子供用キッチンなどのおもちゃがたくさん置いてありました。

洗面所で水遊びも提供

洗面所で水遊びも提供

洗面台を使ってラバーダックで水遊び。

子供用のコスチューム

子供用のコスチューム

コスプレ衣装で記念撮影もできました。

子供用に飲料水も提供

子供用に飲料水も提供

喉が渇いたらお水も飲めます。

小学生以上向けのゲーム室

小学生以上向けのゲーム室

もう一つの部屋には、小学生以上の子供のためのゲームや遊具がありました。

ホテル内で過ごす時間が長いと、こういう設備はとても助かります。

客室

客室のドア

客室のドア

私たちが泊まったのは10階のフロアです。

雰囲気のある客室通路

雰囲気のある客室通路

廊下の内装も凝っています。

客室室内のドアまわり

客室室内のドアまわり

客室のレイアウトが面白くて、なんと入り口ドアのすぐ横にバスタブがあります。入浴時は、上の写真の左手にあるカーテンで仕切ります。

右からバスタブ、シャワーブース、トイレ

右からバスタブ、シャワーブース、トイレ

入り口からバスタブ、シャワーブース、トイレの順に並んでいます。カーテンを広げると、トイレのドアまで隠れるようになっています。

バスエリア、洗面所と寝室がオープンにつながっている

バスエリア、洗面所と寝室がオープンにつながっている

トイレの隣に洗面台があり、鏡の裏側がデスク、その向こうがカーペットフロアのメインルームになっています。

クローゼット

クローゼット

入り口の左手はクローゼット。バスローブとスリッパ、セキュリティボックスなどがあります。

クローゼットの下にあったスケール

クローゼットの下にあったスケール

体重計もありました。デザインの統一感にこだわりを感じます。

クローゼット内の大型ミラー

クローゼット内の大型ミラー

クローゼットの脇に大きなミラーがあります。

ミラーの右手にあるミニバー

ミラーの右手にあるミニバー

引き戸を開けるとミニバーが現れます。

飲料水ボトル、ティーバッグとコーヒー、電気ケトル

飲料水ボトル、ティーバッグとコーヒー、電気ケトル

環境対策のためか、飲用水はペットボトルではなくRO水を使用しています。このガラス瓶は購入ができるそうです。

電気ケトルまでポイントカラーで赤が使われていておしゃれです。

オリジナルのティーバッグ

オリジナルのティーバッグ

オリジナルのネロリカモミールティーと白桃烏龍茶。上品な味わいでおいしかったです。

インスタントコーヒー類

インスタントコーヒー類

インスタントコーヒーや砂糖も複数用意してありました。

ミニ冷蔵庫の中身

ミニ冷蔵庫の中身

冷蔵庫内の飲料。有料なので手をつけず。

木製のバゲージラック

木製のバゲージラック

ミニバーの右手にバゲージラックがあります。

おしゃれな洗面台

おしゃれな洗面台

洗面台はこんな感じ。壁に伸ばせるタイプの拡大鏡がついています。

バスアメニティとドライヤー

バスアメニティとドライヤー

バスアメニティやドライヤーはこの引き出しの中に納まっています。

ハンドタオルとソープディッシュ

ハンドタオルとソープディッシュ

龍の形の石鹸

龍の形の石鹸

ハンドタオルの入れ物や、龍をかたどった石鹸など、オリジナリティーにあふれています。

幼児連れに重宝する踏み台

幼児連れに重宝する踏み台

子供用に踏み台も用意してもらえて助かります。

洗面台の反対側がデスク

洗面台の反対側がデスク

洗面台の裏側のデスク。

トイレ内の引き戸を開けたところ

トイレ内の引き戸を開けたところ

デスクの前の扉はなぜかトイレとつながっていました。使い方はよくわかりませんが、とりあえず子供は楽しそうでした。

用意されていた子供用のアメニティ

用意されていた子供用のアメニティ

嬉しいことに、子供用のアメニティが一通り用意されていました。

アメニティセットの中身

アメニティセットの中身

左上から、オムツ、室内用スリッパ、ウェットティッシュ、セバメドベビーのシャンプー・ボディーシャンプー・ボディーローション、歯磨きセットとコップ。

デスク周りと引き出しの中身

デスク周りと引き出しの中身

デスクは広めで、PCを使った作業にもバッチリ。

利用案内の日本語

利用案内の日本語

TVリモコンの説明書

TVリモコンの説明書

TVリモコンの説明書や室内の案内は、日本語もあります。日本人の宿泊客にフレンドリーです。

デラックスキングルームのベッド

デラックスキングルームのベッド

デラックスキングルームを選んだ理由の一つがベッド幅。193*200cmなので、親子3人川の字で眠れます。ひとつ下のスーペリアクイーンルームだと150*200cmなので、4歳児だとちょっと狭いのです。

寝たまま見られるテレビ

寝たまま見られるテレビ

ベッドの正面には大型テレビがあります。

窓際のスペースがなかなか快適

窓際のスペースがなかなか快適

窓際にはフットレスト付きのソファと小さなサイドテーブルがあります。

オットマン付きの一人がけソファ

オットマン付きの一人がけソファ

向かい合わせになった鏡の効果で、部屋が広く見えます。

ベッドサイドテーブルと目覚まし時計

ベッドサイドテーブルと目覚まし時計

ベッドサイドテーブルにはUSB充電器もあるので、スマホの充電も便利。

台北駅の駅舎と高架道路が見える夜景

台北駅の駅舎と高架道路が見える夜景

窓からの夜景。台北駅の駅舎と高架道路が見えます。車の音はほとんど聞こえませんでした。

日中の景色はこんな感じ

日中の景色はこんな感じ

バスエリア

水滴型のバスタブ

水滴型のバスタブ

バスルームはかなり特徴的ですが、思ったより使い勝手は悪くなかったです。カーテンを閉めて、LEDキャンドルの炎を眺めながらゆったりバスタブに浸かってリラックスできました。

バスタブの水栓のところにある小窓に注目

バスタブの水栓のところにある小窓に注目

バスタブとシャワーブースの間には、壁をくり抜いたような小窓があります。変わったレイアウトに見えますが、シャワーを使いながら水栓を操作できてなかなか便利でした。

シャワーブース内

シャワーブース内

洗面所もそうですが、水回りが近くても意外に水浸しになったりしないものですね。

オリジナルのシャンプー&シャワージェルとヘアコンディショナー

オリジナルのシャンプー&シャワージェルとヘアコンディショナー

オリジナルのアロマを配合したシャンプー&シャワージェル。パインやジュニパーが印象的で、大人っぽい香りでした。

トイレ内

トイレ内

トイレはTOTOウォシュレットつき。

トイレの後ろ側の鏡は引き戸になっている

トイレの後ろ側の鏡は引き戸になっている

トイレとデスクの間の扉は相変わらず謎ですが。

バスソルト

バスソルト

バスソルトなど、いくつかのアメニティはリクエストすると届けてもらえます。

パレ・デ・シンのここがおすすめ

パレ・デ・シンの良い点はこちら。

  • おしゃれで非日常感のある内装
  • 5つ星ならではの充実したアメニティ
  • 子供用のアメニティも充実
  • 朝から大満足の朝食
  • スタッフの接客が良い
  • 台北駅が近い

ヨーロッパの古城のような内装は、子供にとってはテーマパークのアトラクションのようなドキドキ感、大人にとっては上質で高級感のあるインテリアに囲まれるラグジュアリー感が味わえます。

前回泊まった台北フラートンホテル メゾンノースといい、連続してラグジュアリーホテルに泊まってしまったため、子どもの要求レベルが高くなったら困るなと思いつつ、居心地の良い空間で親子でゆったりとしたホテルステイを楽しみました。

パレ・デ・シンは大人向けの印象がありましたが、移動や食事がとても便利で、子連れ向けの配慮もバッチリなので、小さな子どもを連れて泊まるのにもおすすめです。

子供が4歳の頃に泊まったホテルはこちらの記事にまとめたので、よろしかったらご覧ください。

3つ星〜5つ星、家族旅行で泊まったおすすめ台湾ホテル4軒のまとめ【2020】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE