【0歳10ヶ月】高雄への旅から帰宅。持ち物リストの振り返り

子連れ出張(の同伴)から帰宅しました。

今回泊まったホテル、とても良かったです!詳細はこちらの記事に書きました。

【高雄】遊戯室付・66平米〜☆クン シャン デザイン ホテル (宮賞藝術會舘)

今回の旅行の反省点

帰宅後速攻で洗濯機を回して、忘れないうちに先に書いておこうと思ったのは今回の旅の反省事項。ものすごく大きな失敗はないものの、またやっちゃったー!ということもあり。

【0歳10ヶ月】子連れ旅行の持ち物リスト

出発前にこちらのリストをもとに荷造りしたのですが、月齢が上がって以前の旅と少々勝手が違ったりはあったものの、子供に関しては持ち物の問題はなかったです。

大人も持ち物は当日の朝準備したらいくつか足りないものがありました。帽子を忘れて取りに戻ったり。まあ結局どうにかなるんですが、やはりあった方が便利でした。

次回の旅にプラスしたいものリスト

持ち物リストを書いたので、それに対してのフィードバックを忘れないうちに残しておこうと思います。

リール付きパスケース

この手の、持ち手がバッグに取り付けられて伸び縮みするものです。 

二回連続で忘れましたが、これは特に手が塞がりやすい子連れだと絶対あった方がいいですね。

 

私の使っているiPhoneケースにはSuicaが入れられるのですが、悠遊卡(ヨウヨウカー/EASY CARD)を入れるとセンサーの感度かカードの問題で台北MRTの改札では反応せず、いちいち取り出すのが大変でした。

今回は高雄に行ったので、普段使っている悠遊卡以外に一卡通(イーカートン/iPASS)を持って行きました。悠遊卡がSuicaだとすると一卡通はICOCAのようなものです。

最近になってようやく高雄MRTでも悠遊卡が使えるようになったのですが、優待内容も違うし使えない場所もありそうなので、なんとなく一卡通の方がいいかな〜と思いまして。

 

パスケースを忘れたのでダメ元でiPhoneケースのSuica収納部分に一卡通を入れたところ、高雄はMRTでもバスでも使えました。が、ポケットのない服を着ている時などバッグからiPhone出し入れするのが大変だったので、やはりあった方が楽です。

iPhone自体を首から下げられるケースも持っているのですが、子供を抱っこしていると邪魔になったりいじられたりで使えないんですよね。なのでバッグの持ち手につけられて、必要な時だけ伸ばして取り出せるリール付きパスケースが正解でした。

洗剤とスポンジ

離乳食の食器とストローマグは以前までは手洗いで済ませていたのですが、食べるもののが変わってきたせいもあって以前より洗うのが大変になったので、次回は持参したいです。今回は細かいところはホテルにあった歯ブラシで洗ったりしました。

油性マジックとマスキングテープ

マステはなにかと使えるので大抵持って行っているのですが、今回に限って忘れました。食べかけのスナック菓子の袋を閉じたり、上に文字を書いて付箋紙代わりにしたり、蚊に刺された時の痒み止めパッチとして使ったり、色々できます。

で、油性マジックもあると便利だなと思いました。ホテルの使い捨てスリッパに名前を書いたり。マステがあれば事足りるかな?

バス停リスト作成

これは物ではないですが、割と不自由したので。

台湾で旅行する時はGoogleマップと各交通機関のアプリを組み合わせて移動するのですが、台北に比べると他の地域のGoogleマップはまだあまりルート検索の精度がよくないですね。

高雄ではバス移動が便利なのですが、ホテル周辺のバス停と各路線の行き先を出発前にメモしておくべきでした。なんとなくは調べていたのですが、メモしていなかったのでいざとなると思い出せなくて。

 

以上、他にもあれば追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA